転職は無理ではない?不可能を可能にするポイントは

景気回復の実感を得られない人や企業は多く、経済情勢が目まぐるしく変わることから様々な理由でやむを得ず転職をする人もいます。

年齢やスキル不足から転職が無理だとあきらめて非正規雇用に向かう人もいますが、一方で努力して正社員として働き続ける人もいるのです。

在籍中から備えるのも一つの方法

大企業でも景気の影響やビジネスモデルの行き詰まりから、早期退職者を募集するケースも一般的になっています。不祥事などの影響もありますが、企業の規模を問わずに安心はできないと言え、事前に備えておくことも重要になってきます。

これは就職に有利なスキルを身に着けておくことや、転職活動に必要な貯金をためておくことで、自己投資をしておくことでいざという時に慌てない体制が整います。

年収のダウンもある程度は受け入れる方法もありますが、同時にキャリアップのための転職にも応用することができるため、万が一に対する保険としても重要になってきます。

探す範囲は適切かも重要になる

比較的年齢が若いうちは求人も多く見つかり、転職先が見つかりやすいものです。しかし年齢が上がってくると途端に転職先を見つけることが困難になり、求人サイトを見ても仕事がない場合も多く、転職自体が無理と思いがちです。

しかし、転職エージェントサイトや、ネットを通した外注を含めた場合は仕事先も見つかりやすくなる場合もあるのです。また、地元企業のホームページでの募集など、ルートを変えるだけで仕事が見つかるようになる場合もあります。

自治体によっては年齢制限を問わずに臨時職員を募集するなど、公務員扱いになる仕事が見つかるケースすらあり、一つのサイトで見つからなかったからといって諦めるのは早計なのです。

働く場所にも注意が必要

仕事を探す際にありがちなのは勤務地を限定している場合です。家族の都合等でどうしても転勤などが出来ない場合もありますが、単身赴任などが可能であれば一考する価値はあります。ネット上を通して勤務地を問わずに社員として採用する企業も増えており、在宅の仕事が可能なケースすらあります。

大事なのは範囲を広くして採用条件を確認し、割に合うかどうかを調べていくことです。最初から条件を限定しすぎればそれだけ選択肢も狭まります。特に地方では厳しくなってしまうため、住み込み可能な仕事も探す等、積極的な姿勢で挑むことが転職の早道になるのです。

また、その意気込みが人事担当者への印象に繋がることもあるため、年齢や経験を言い訳にした守りの姿勢は捨てた方が良いのです。

発想を固定しないこと

年齢を重ねての転職は制限を受けることが多く、無理とあきらめがちです。心得ておきたいのが、

・事前の準備をしてスキルを高める
・転職先を探す範囲を変えてみる
・勤務地にこだわらないことも重要

というポイントです。条件にこだわり過ぎると仕事自体が見つけづらくなるため、より広い視点や、じっくり挑める体制を整えておくことも大切です。

特に求人を探す範囲を間違えるとまるで見つからないと言うことは多いため、年齢に応じたサイトや、完全実力主義の外注の仕事を探すのも方法です。

勤務地もメリットとデメリットで考え、敢えて飛び込んでいく攻めの姿勢も重要になるのです。