印象を良くするために転職の自己prのポイント

転職では、経歴の紹介や志望動機ももちろん大切ですが、それと同じくらいに自己prが大切になります。ここで適切なアピールが出来ないと、なかなか転職が決まらないという事態に陥るでしょう。

そこでここでは、そうならないために、転職の自己prで印象を良くするためのポイントについて紹介します。

経歴の中からアピールポイントを見つける

まず一つ大切なことは、今までの自分の経歴の中からアピールするポイントを見つけることです。つまり、前職の中からアピールポイントを見つけていくということです。そうして前職の経験からアピールしていけば、どんな仕事の中にでも、自分の為の役立つことを見つけることが出来る人物であるとアピールできます。

直接的なアピールに加えて、そうしてまた別の角度からもアピールできるようになるのですから、印象は良くなるに決まっていますね。そういうアピールがないと、自分の好きなこと以外は無気力でやる人間で、応募してきたこの仕事もイメージと違ったら辞めてしまうのではないかと思われてしまいます。それでは魅力的には感じられませんね。

相手が望む能力をアピールする

前職から何かアピールポイントを見つけるといっても、それが検討違いのことであれば、まったく意味がありませんよね。別段望んでもいない能力があるといわれても、その能力を魅力的に思うはずもありませんし、その能力がある人間を魅力的に思うこともないでしょう。ですから、自己prでは、必ず相手が望む能力をアピールしないとならないのです。

相手が望む能力は、転職活動を始める前に調べておく必要がありますね。とにかく色々な情報を集めて、相手の会社がどんな人材を探しているのか、あるいは、その仕事ではどんな能力がある人物が求められているのかを調べましょう。

アピールポイントの活かし方を説明する

自己prでアピールするポイントは、そのポイントの活かし方を説明することも大切です。こんなポイントがあるとだけ言われるよりも、「こんなポイントがあって、それはこの仕事のこんなところで活かせる」と言われる方が、相手はその能力をより魅力的に感じるものです。

さらに、そういうアピールをすることで、きちんとこの仕事に対する下調べをしていることが伝わり、さりげなく熱意の高さもアピールできます。こうしてアピールポイントの活かし方を説明することは、色々な面で見ても効果的なことなのです。この仕事ではどんな能力が必要なのか、というところから逆算してアピールポイントを考えていくのもアリでしょう。

いい大人がマナーでNGになるって本当?面接官の5つのチェックポイント

多くのアピールが出来るprが強い

以上、印象を良くするために転職の自己prのポイントのご紹介でした。まとめると、

・前職の中からアピールできることを探す
・その仕事に活かせる能力やその会社が求める人材像であることをアピールする
・そのアピールポイントをどう活かすかを述べる

ということが大切です。これらは3つとも、全て色々な面で自分をアピールすることに繋がります。的確にツボをついたアピールをしつつも、そうしていろいろな面でアピールできる自己prが、強いです。是非これらの事を参考に、強い自己prを作っていってください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です