反面教師にしよう!失敗する転職の原因

転職をしたからと言って、必ず状況が良くなるとは限りません。最悪の場合、今よりもさらに良くない状況になることだってあるのです。もしそうなってしまったら、今よりもさらに心が苦しくなることでしょう。

ですので、転職をするのであれば、失敗しないようにしないとなりません。でも、何故転職は失敗してしまうのでしょうか?ここではそんな、転職の失敗の原因についてみていきたいと思います。

転職の目的がネガティブなものだけ

転職で失敗する方の多くが、ネガティブな理由で転職を考えています。もちろんネガティブな理由にもいろいろあり、本当に最悪な上司や先輩に囲まれた、本当に劣悪な環境にいた方は、その環境から逃げ出す思いで転職し、多少状況が良くなったという方もたくさんいます。

ただ、仕事がつまらないとか、思っていたような仕事ができないとか、仕事を正当に評価されていないように感じるとか、そういうネガティブな理由での転職は、だいたい失敗におわります。

今一度転職の目的をきちんと見直して、ポジティブな理由を探してみてください。それが見つからないのであれば、今の職場内で環境改善や意識改革に勤めた方が良いかもしれませんね。

転職先について全然調べない

転職は、なかなか体力や気力のいるものです。ですから、少しでも楽に転職しようとして、転職先の企業について対して調べないまま転職をしてしまう方もいます。ですが、そうしてきちんと調べてから転職しないことが、転職の失敗の原因になるのです。

ただただ募集要項に書いてある条件などをうのみにして、よく分からないまま転職してしまうと、プラスのイメージしかありませんから、ちょっと嫌なこともすごく嫌に感じてしまうようになるでしょう。

きちんと最初からいろいろ調べておけば、ちょっとの嫌なことがあっても、「思ったよりはましだった」と思えるようになる可能性はすごく高いです。下調べの段階で悪評がたくさん出てきたら、そこには転職しないという選択肢を選ぶこともできます。

ですから、失敗しない転職のためには、下調べが必要です。

自分のことをきちんと見つめていない

転職の際に自分のことをきちんと見つめないと、失敗に終わってしまう可能性が高くなります。例えば、自分がやりたいことがあったとして、それが自分に向いているとは限りませんね。そんな好きだけど向いていないことをやり始めても、おそらく結果は出ません。

転職してきたのに新しい職場でなかなか結果が出ない状況を、耐えられるだけのメンタルの力があるのか、そんな状況が続いても、やりたかったことを好きだと思い続けられる人間なのか、そういうことをきちんと見つめておかないと、転職は失敗してしまうでしょう。

自分がどういう人間で、どんなことができて、どんなことに向いているのかについても、転職前には必ず見返しておく必要があります。

時間をかけて答えをだそう

時間をかけて答えを出さないと、転職は失敗する可能性が高いです。ここで紹介してきた、

・ネガティブな理由からの逃げの転職
・下調べを怠った転職
・自分についてきちんと考えを巡らせていない転職

どれもに言えるのが、時間をかけて転職について考えていないということですよね。ですから、時間をかけない転職は、失敗する可能性が高いと言えます。しっかりと時間をかけて考え、後悔しない転職をしていきましょう。

あなたの転職活動に、最強のパートナーを。|キャリタス転職

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です