服装で印象は変わる!転職で着るスーツの注意点

転職の面接だと、何も考えずについつい普段着ているスーツをそのまま着ていきそうになるものです。ですが、人は見た目が9割と言いますから、やはりスーツの印象が悪いと、その転職の面接の印象自体も悪くなってしまうでしょう。

そこでここでは、そうならないように、転職で着るスーツの注意点について紹介したいと思います。

なるべく暗いカラーのシンプルなものを着る

普段使いのスーツですと、ちょっと明るいグレーだったり、濃いストライプが入っていたりするものを選ぶこともあるでしょう。ですが、転職の面接でいつもの出勤のようなそういうスーツを着ていくと、すごく自信があるような人物に映ってしまいます。もちろん自信があるのは良いことなのですが、こういう場での過度な自信のアピールは、鼻につくことの方が多いです。

ですから、スーツに関してはもう少し地味目なスーツを選ぶ必要があるのです。ストライプスーツを着るにしてもシャドーストライプにするなど、なるべく目立たないものを選ぶようにしていきましょう。

高価過ぎるスーツは避ける

転職活動中の社会人ともなると、多少高価なスーツを普段着ていると方もいるでしょう。ですが、転職活動の面接でそういう高価すぎるようなスーツを着ていくと、やたら高級感があるのが目立ったりしてしまう可能性が高いです。それは良くないですよね。

面接なのに無駄に高級感が目立つようでは、TPOにもあっていませんし、何よりも鼻につくと思われる可能性が高いです。それではいきなり評価が悪くなってしまいますよね。そうならないように、高価すぎるスーツは避けるようにする必要があるのです。

とはいえ、社会人としての転職活動なので、あんまり安っぽい作りのものを着ていくのもよくありません。ある程度のきちんとした作りのもので、そこまで値段が高くないスーツを選ぶようにしてください。10万オーバーのスーツなどは避けた方が良いでしょう。

よれよれのスーツもNG

普段使いしているスーツをきていったり、久しぶりに出すスーツを着て面接に行くと、スーツがよれよれということもあるでしょう。よれよれのスーツを着て面接に行くのでは、第一印象がよくなるはずもありませんよね。転職の面接とはいえ、面接は面接ですから、ある程度の爽やか感があった方が印象がよいのは当然です。それなのによれよれのスーツを着ていったら、相手に疲れているという印象を与えてしまうだけでしょう。

普段使いのスーツを着ていくのも良いですが、面接の前にきちんとクリーニングに出すなどして、きちんとした状態にしてから面接に挑むようにすると良いでしょう。それだけで印象は大きく変わります。

爽やかできちんとした印象のものを

転職の面接のスーツは、爽やかできちんとした印象の物を選ぶ必要があります。まちがっても、

・高価過ぎる高級感がある過ぎるスーツ
・色合いが派手なスーツ
・柄が目立つスーツ
・よれよれのくたびれたスーツ

などは着ていかないようにしてください。見た目の悪印象は、面接の短い時間ではそうそう取り戻せませんから。

意外に差が付く、転職面接のマナー | キャリタス転職

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です