転職の面接でよく聞かれる質問とその答え方

転職の面接では、だいたい聞かれる質問は決まっています。そんなよく聞かれる質問は、どこでも聞かれるくらいに重要度が高いということですよね。ですから、きちんと的確な答えをすることで、しっかりとポイントを稼ぐことが出来るようになるでしょう。

そこでここでは、しっかりとポイントを稼げるようになるために、転職の面接でよく聞かれる質問と、その答え方を紹介していきます。

前職の退社理由

まず確実に聞かれる上に、ポイントの比重が大きい質問として、前職の退社理由があります。前職の退社を理由を聞かれた際には、前職に対する不満を述べたりしないように注意していきましょう。

前職に対する不満があって転職を決意したのだとしても、それをそのまま伝えるのではなく、「こういうところに満足していたけれども、もっとこういうことにチャレンジしたいと思って転職しようと思った」というように、ある程度の満足がありながら、さらなる向上を求めて転職しようとしたというようにした方が良いでしょう。

そうすれば転職や退職がポジティブなものであることが伝わり、印象が良くなります。

仕事においての工夫

前職において工夫していたことは何ですか?という質問も、転職活動中にはよく聞かれる質問です。これを聞くことで、仕事に対する姿勢を確認しようとしているのです。どんな会社であっても、仕事に対して自発的に工夫して努力出来る方の方が魅力的に思いますよね。

転職活動では、今までのそういう工夫を確認することで、それが確認できるので、そういう質問がよく出るのです。この質問に関して、自分なりの工夫をそのまま答えるだけで問題無いので、どんな工夫でも良いので自分なりにしていた工夫と、何故その工夫をしようと思ったのかということを答えると良いでしょう。

なぜその工夫をしようと思ったのかも答えることにより、グッと話の信憑性が増すので、より評価が高くなります。

今後のキャリアプランはどう考えているか

転職後のキャリアプランについても、よく聞かれます。転職後のキャリアプランを聞くことで、熱意の高さと、これからどれくらいこの会社にいるつもりかということを確認しているのです。

将来の事もきちんと考えていないくらいに熱意が低いという方はもちろん、将来また転職すれば良いと思っているような方も、出来れば採用したくないですよね。ですから、この会社での将来的なプランがはっきり描けている方を求めているのです。

この質問に対しては、5年後10年後20年後のキャリアプランを、その会社の未来図と照らし合わせて考え、それをそのまま答えるようにすればよいでしょう。なるべく具体的に答えた方が信憑性はあるので、なるべく具体的に答えるようにしてください。

しっかり準備して対応しよう

ここで紹介してきた3つの質問は、必ずと言っていいほど聞かれるので、しっかり準備して答えられるようにしておきましょう。答え方のポイントをもう一度まとめると、

・退社理由はポジティブな理由に
・工夫は、実際の工夫とそれを始めた理由やきっかけも答える
・キャリアプランは細かく刻んで具体的に

となります。しっかりとポイントをおさえて、自分なりの最良の答えを持っていきましょう。

面接でよくある質問の回答45例 | 面接対策はマイナビ転職

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です