転職を成功させるための退職理由の答え方

転職活動では、おそらく前職の退職理由を聞かれます。志望動機や自己prのように、必ず聞かれると言い切れるものではありませんが、多くの場合で、前職の退職理由も聞かれます。そんな前職の退職理由では相手にネガティブなイメージを与えがちです。

でもここでネガティブなイメージを与えていたのでは、やはり面接での印象も良くなくなるでしょう。そこでここでは、相手の印象を悪くしない、転職を成功させるための退職理由の答え方を紹介していきます。

少しでもポジティブな言い方をする

退職理由なんてネガティブなものに決まっていますよね。でも、話し方次第で少しポジティブに聞こえるようになるのものなのです。

例えば、やりたい仕事ができなかったという退職理由であれば、「やりたい仕事ができなかった」と言われるとネガティブに聞こえますが、「自分のやりたいことにチャレンジしたい気持ちが強まった」というと、すごくポジティブに聞こえますよね。

このようにだいたいのことは、言い方ひとつでポジティブになります。他に例を挙げるなら、

・労働時間が長いなら「スキルアップに費やす時間を確保したいと思った」
・正当に評価されないなら「経験を活かせるところへいき業績を上げたいと思った」
・人間関係がうまくいかないなら「新しい人達との仕事で刺激をうけスキルアップしたいと思った」

などが挙げられます。工夫してデキる限りポジティブに伝えましょう。

満足している点を伝えるようにする

退職理由を伝える際には、あわせて前職の満足している点を伝えるようにすると、よりポジティブに聞こえるようになります。どんな仕事であっても、どこかに一つくらいは満足できる点があるはずです。

それを伝えるだけで、本当にポジティブなイメージでの退職に聞こえるようになるのです。ですから、前職の中で満足できる点を探して、それを退職理由を述べる際に合わせて述べるようにしていってください。

ただ、転職理由や退職理由と照らし合わせて、矛盾がないようにだけ注意していきましょう。

強い語気で話さないようにする

強い語気で退職理由を話すと、すごくネガティブな話に聞こえてしまいます。内容がポジティブな話であったとしても、結果相手の耳にはすごくネガティブな話のように聞こえてしまうのです。それでは意味がないですよね。

ですから、退職理由を話す際には、なるべくおっとりした落ち着いたトーンで話す必要があります。明るく落ち着いたトーンで話をすると、話の内容のポジティブさがさらに引き立ち、退職理由がさらにポジティブにきこえるようになり、印象が良くなるでしょう。

可能であれば、笑顔も付けて話をするというのが理想です。そこまで出来れば、まず退職理由でネガティブなイメージをもたれることはないでしょう。

退職理由の例文集|エンジャパン転職大辞典

逃げの退職でないとアピールしよう

とにかく大切なことは、逃げの転職、逃げの退職でないとアピールすることです。そういう退職であれば、また退職されると思われて印象が悪くなります。ポジティブな退職であれば、逃げの退職に比べて、再度退職されるのでは…と相手が不安になる可能性は低いです。

そうして印象が良くなります。ですから、退職理由は、これらの3つの答え方のポイントを駆使し、ポジティブに聞かせていきましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です