転職の面接で短所を聞かれた際の答え方のポイント

転職の面接では、短所を聞かれることも多いです。短所を聞かれたからといって、そのまま本当の短所を答える方も少ないとは思いますが、転職の面接の短所の質問の答え方は、いくつかの特有のポイントがあるのです。

そこでここではそんな、転職の面接で短所を聞かれた際の答え方のポイントを紹介していきます。

仕事で感じた短所を述べる

まず最初のポイントは、仕事をしている中で感じた短所を述べるということです。

仕事をしている中でこういうことを短所に感じたということを話していくと、すごく信憑性もありますし、仕事をする上での自分の苦手分野についてきちんと把握しているということのアピールにもなります。

そうして仕事において何が苦手をわかっているということは、実は大きなアピールです。出来ることと出来ないことが分かっていれば、無理せずチームでの効率的な仕事が出来るということに繋がりますから。

ですから、仕事で感じた短所をアピールすることはすごく大切なことなのです。

転職先の仕事にはあまり関係ない短所にする

転職先の仕事にはあまり関係ない短所にするということもすごく大切です。転職先ですごく大切な能力がかけているとなると、そんな人は採用したいとは誰も思いませんよね。

でも、逆に短所は短所としてはっきり述べながらも、その短所がその仕事において別段重大な欠陥にならないようなものであれば、その短所が足かせになることはまずありません。むしろ、正直に短所を短所としてのべることの正直さで、プラスのイメージすらつくくらいでしょう。

ですから、次の仕事にあまり関係のない短所を述べるということはすごく効果的なのです。それを述べる為、次の仕事でどんな能力が求められ、どんな能力が関係ないのかをきちんと調べておきましょう。

短所を克服しようとしている努力も述べる

ただ、直接次の仕事に関係のない短所だとしても、短所は短所です。短所をはっきりと自認しているのに、そのままそれを放置していたのでは、欠点を克服する意思のない人間だと思われて、そこから印象が悪くなっていくこともあるでしょう。

ですから、転職の面接で短所を述べる際には、短所を克服しようとして、こんな風に努力をしてるというエピソードを合わせて述べるようにしてください。それにより、欠点を克服しようとする意志のある人間として、性格的な面が評価されていきますから。

ただ、そのエピソードはなるべく具体的でないと逆に嘘くさくなってしまいますので、きちんとその努力の内容を具体的に語れるようにしないとなりません。その点だけ気をつけないとならないでしょう。

うまくアピールにつなげよう

短所をきかれても、上手くアピールにつなげていきましょう。あくまでも自分をアピールする時間内での質問ですので、ネガティブな質問もアピールにつなげないと勿体ないのです。ここで紹介してきたポイントは、

・仕事で感じた短所を述べることで仕事においての能力把握のアピール
・仕事に関係ない短所なのでマイナスにならないというアピール
・克服しようと努力している人間力の高さのアピール

と、どれも自分をアピールすることにつながります。しっかりポイントをおさえて、的確にアピールしていってください。

印象に残る面接での「逆質問」のサンプル10選 – ランスタッド

転職活動中のモチベーションを保つ方法をご紹介します。

転職活動は、いざ転職を始めようと思った時には、モチベーションがとても高いものです。始めたばかりの頃は、すぐに転職先が決まるような気持ちもしています。しかし実際は転職活動は予想以上の狭き門で、予想以上の時間がかかるものなのです。

つまりは、だんだんとモチベーションも下がっていってしまうことでしょう。特に最初のモチベーションが高かった場合、一度下がるともう一度上げることは難しいことでしょう。そこで、モチベーションを保つ方法、下がらないようにする方法をいくつかご紹介します。

今の仕事(今していること)を一所懸命こなす

転職理由の多くは、今の仕事への不満でしょう。その場合、今の仕事にはやる気が出せない気持ちもわかります。しかし、あえて一所懸命今の仕事をこなすことが、転職活動へのモチベーションへもつながるのです。

一所懸命仕事をすることで、「やっぱりこの職場は嫌だな。」と再確認でき、「早く転職したい!」と転職活動を頑張ることができるのです。また、「今日の仕事はうまくいったから、次の職場でも同じように仕事をこなしていこう。」と、未来を見据えることも可能です。

更に仕事をしながら、「次の職場ではここをこういう風にできたらいいな。」と夢を膨らませることも可能です。何かに一所懸命になるためには、それ以外の面も一所懸命やることで、相乗効果になりますよ。

今仕事に就いていない人も、今の毎日を一所懸命過ごす中で、次の職場のことを常に考えるようにすると、モチベーションを保てますよ。

将来設計を立てる

ありえないほどの夢の溢れる将来設計でも構いません。転職先が決まったことで、新たなより良い将来につながるのだと、常に考えていることはとても大切なことです。

収入面でも、能力面でも、気持ちの面でも、新たな職場で自分にとって何がプラスになり、どのような将来が開けるのか、細かなことまで考えてみましょう。

なかなか転職先が決まらなくても、常に理想の将来をはっきり描いていれば、つまりは目標があれば、モチベーションを保ち続けることができるでしょう。

運命の道を歩んでいるのだと思う

面接にたくさん落ちると、自分に自信をなくしていくものです。「もう無理だ…。」「私は必要とされていないんだ…。」と、自分を否定したり、モチベーションが下がったりしていったりしてしまうものです。

しかし、落ちることは決まっていたことなのだと思うようにすると、気持ちが変わりますよ。落ちることは決まっていた、というよりは、自分を必要としている企業が既に存在していて、そこの企業へ行くために今の日々があるのだと思うようにするのです。

面接に落ちたかもしれませんが、その面接で自分のコミュニケーション能力が高まっただとか、色々な企業のことを調べるきっかけになっただとか、プラスの面はありますよね。

実はもう転職が成功することは決まっていて、そこまでの道も転職先に就職してから役立つ技術を身につけるためだと思うようにするのです。つまりは、落ちても受かっても、全て自分にプラスになっていると思うことで、モチベーションを高めるのです。

就職・転職活動にひびく名言集まとめ – Re就活

全ては気持ちの問題なのです

常に前向きな気持ちを持ちましょう。転職後は明るい未来しかないのだと思うこと、今の時間は将来にとって必要だからあるのだと思うことが大切です。

そういった明るい前向きな気持ちをもつことで、モチベーションを保ち続けることができますよ。

反面教師にしよう!失敗する転職の原因

転職をしたからと言って、必ず状況が良くなるとは限りません。最悪の場合、今よりもさらに良くない状況になることだってあるのです。もしそうなってしまったら、今よりもさらに心が苦しくなることでしょう。

ですので、転職をするのであれば、失敗しないようにしないとなりません。でも、何故転職は失敗してしまうのでしょうか?ここではそんな、転職の失敗の原因についてみていきたいと思います。

転職の目的がネガティブなものだけ

転職で失敗する方の多くが、ネガティブな理由で転職を考えています。もちろんネガティブな理由にもいろいろあり、本当に最悪な上司や先輩に囲まれた、本当に劣悪な環境にいた方は、その環境から逃げ出す思いで転職し、多少状況が良くなったという方もたくさんいます。

ただ、仕事がつまらないとか、思っていたような仕事ができないとか、仕事を正当に評価されていないように感じるとか、そういうネガティブな理由での転職は、だいたい失敗におわります。

今一度転職の目的をきちんと見直して、ポジティブな理由を探してみてください。それが見つからないのであれば、今の職場内で環境改善や意識改革に勤めた方が良いかもしれませんね。

転職先について全然調べない

転職は、なかなか体力や気力のいるものです。ですから、少しでも楽に転職しようとして、転職先の企業について対して調べないまま転職をしてしまう方もいます。ですが、そうしてきちんと調べてから転職しないことが、転職の失敗の原因になるのです。

ただただ募集要項に書いてある条件などをうのみにして、よく分からないまま転職してしまうと、プラスのイメージしかありませんから、ちょっと嫌なこともすごく嫌に感じてしまうようになるでしょう。

きちんと最初からいろいろ調べておけば、ちょっとの嫌なことがあっても、「思ったよりはましだった」と思えるようになる可能性はすごく高いです。下調べの段階で悪評がたくさん出てきたら、そこには転職しないという選択肢を選ぶこともできます。

ですから、失敗しない転職のためには、下調べが必要です。

自分のことをきちんと見つめていない

転職の際に自分のことをきちんと見つめないと、失敗に終わってしまう可能性が高くなります。例えば、自分がやりたいことがあったとして、それが自分に向いているとは限りませんね。そんな好きだけど向いていないことをやり始めても、おそらく結果は出ません。

転職してきたのに新しい職場でなかなか結果が出ない状況を、耐えられるだけのメンタルの力があるのか、そんな状況が続いても、やりたかったことを好きだと思い続けられる人間なのか、そういうことをきちんと見つめておかないと、転職は失敗してしまうでしょう。

自分がどういう人間で、どんなことができて、どんなことに向いているのかについても、転職前には必ず見返しておく必要があります。

時間をかけて答えをだそう

時間をかけて答えを出さないと、転職は失敗する可能性が高いです。ここで紹介してきた、

・ネガティブな理由からの逃げの転職
・下調べを怠った転職
・自分についてきちんと考えを巡らせていない転職

どれもに言えるのが、時間をかけて転職について考えていないということですよね。ですから、時間をかけない転職は、失敗する可能性が高いと言えます。しっかりと時間をかけて考え、後悔しない転職をしていきましょう。

あなたの転職活動に、最強のパートナーを。|キャリタス転職

転職の面接でよく聞かれる質問とその答え方

転職の面接では、だいたい聞かれる質問は決まっています。そんなよく聞かれる質問は、どこでも聞かれるくらいに重要度が高いということですよね。ですから、きちんと的確な答えをすることで、しっかりとポイントを稼ぐことが出来るようになるでしょう。

そこでここでは、しっかりとポイントを稼げるようになるために、転職の面接でよく聞かれる質問と、その答え方を紹介していきます。

前職の退社理由

まず確実に聞かれる上に、ポイントの比重が大きい質問として、前職の退社理由があります。前職の退社を理由を聞かれた際には、前職に対する不満を述べたりしないように注意していきましょう。

前職に対する不満があって転職を決意したのだとしても、それをそのまま伝えるのではなく、「こういうところに満足していたけれども、もっとこういうことにチャレンジしたいと思って転職しようと思った」というように、ある程度の満足がありながら、さらなる向上を求めて転職しようとしたというようにした方が良いでしょう。

そうすれば転職や退職がポジティブなものであることが伝わり、印象が良くなります。

仕事においての工夫

前職において工夫していたことは何ですか?という質問も、転職活動中にはよく聞かれる質問です。これを聞くことで、仕事に対する姿勢を確認しようとしているのです。どんな会社であっても、仕事に対して自発的に工夫して努力出来る方の方が魅力的に思いますよね。

転職活動では、今までのそういう工夫を確認することで、それが確認できるので、そういう質問がよく出るのです。この質問に関して、自分なりの工夫をそのまま答えるだけで問題無いので、どんな工夫でも良いので自分なりにしていた工夫と、何故その工夫をしようと思ったのかということを答えると良いでしょう。

なぜその工夫をしようと思ったのかも答えることにより、グッと話の信憑性が増すので、より評価が高くなります。

今後のキャリアプランはどう考えているか

転職後のキャリアプランについても、よく聞かれます。転職後のキャリアプランを聞くことで、熱意の高さと、これからどれくらいこの会社にいるつもりかということを確認しているのです。

将来の事もきちんと考えていないくらいに熱意が低いという方はもちろん、将来また転職すれば良いと思っているような方も、出来れば採用したくないですよね。ですから、この会社での将来的なプランがはっきり描けている方を求めているのです。

この質問に対しては、5年後10年後20年後のキャリアプランを、その会社の未来図と照らし合わせて考え、それをそのまま答えるようにすればよいでしょう。なるべく具体的に答えた方が信憑性はあるので、なるべく具体的に答えるようにしてください。

しっかり準備して対応しよう

ここで紹介してきた3つの質問は、必ずと言っていいほど聞かれるので、しっかり準備して答えられるようにしておきましょう。答え方のポイントをもう一度まとめると、

・退社理由はポジティブな理由に
・工夫は、実際の工夫とそれを始めた理由やきっかけも答える
・キャリアプランは細かく刻んで具体的に

となります。しっかりとポイントをおさえて、自分なりの最良の答えを持っていきましょう。

面接でよくある質問の回答45例 | 面接対策はマイナビ転職

服装で印象は変わる!転職で着るスーツの注意点

転職の面接だと、何も考えずについつい普段着ているスーツをそのまま着ていきそうになるものです。ですが、人は見た目が9割と言いますから、やはりスーツの印象が悪いと、その転職の面接の印象自体も悪くなってしまうでしょう。

そこでここでは、そうならないように、転職で着るスーツの注意点について紹介したいと思います。

なるべく暗いカラーのシンプルなものを着る

普段使いのスーツですと、ちょっと明るいグレーだったり、濃いストライプが入っていたりするものを選ぶこともあるでしょう。ですが、転職の面接でいつもの出勤のようなそういうスーツを着ていくと、すごく自信があるような人物に映ってしまいます。もちろん自信があるのは良いことなのですが、こういう場での過度な自信のアピールは、鼻につくことの方が多いです。

ですから、スーツに関してはもう少し地味目なスーツを選ぶ必要があるのです。ストライプスーツを着るにしてもシャドーストライプにするなど、なるべく目立たないものを選ぶようにしていきましょう。

高価過ぎるスーツは避ける

転職活動中の社会人ともなると、多少高価なスーツを普段着ていると方もいるでしょう。ですが、転職活動の面接でそういう高価すぎるようなスーツを着ていくと、やたら高級感があるのが目立ったりしてしまう可能性が高いです。それは良くないですよね。

面接なのに無駄に高級感が目立つようでは、TPOにもあっていませんし、何よりも鼻につくと思われる可能性が高いです。それではいきなり評価が悪くなってしまいますよね。そうならないように、高価すぎるスーツは避けるようにする必要があるのです。

とはいえ、社会人としての転職活動なので、あんまり安っぽい作りのものを着ていくのもよくありません。ある程度のきちんとした作りのもので、そこまで値段が高くないスーツを選ぶようにしてください。10万オーバーのスーツなどは避けた方が良いでしょう。

よれよれのスーツもNG

普段使いしているスーツをきていったり、久しぶりに出すスーツを着て面接に行くと、スーツがよれよれということもあるでしょう。よれよれのスーツを着て面接に行くのでは、第一印象がよくなるはずもありませんよね。転職の面接とはいえ、面接は面接ですから、ある程度の爽やか感があった方が印象がよいのは当然です。それなのによれよれのスーツを着ていったら、相手に疲れているという印象を与えてしまうだけでしょう。

普段使いのスーツを着ていくのも良いですが、面接の前にきちんとクリーニングに出すなどして、きちんとした状態にしてから面接に挑むようにすると良いでしょう。それだけで印象は大きく変わります。

爽やかできちんとした印象のものを

転職の面接のスーツは、爽やかできちんとした印象の物を選ぶ必要があります。まちがっても、

・高価過ぎる高級感がある過ぎるスーツ
・色合いが派手なスーツ
・柄が目立つスーツ
・よれよれのくたびれたスーツ

などは着ていかないようにしてください。見た目の悪印象は、面接の短い時間ではそうそう取り戻せませんから。

意外に差が付く、転職面接のマナー | キャリタス転職

印象を良くするために転職の自己prのポイント

転職では、経歴の紹介や志望動機ももちろん大切ですが、それと同じくらいに自己prが大切になります。ここで適切なアピールが出来ないと、なかなか転職が決まらないという事態に陥るでしょう。

そこでここでは、そうならないために、転職の自己prで印象を良くするためのポイントについて紹介します。

経歴の中からアピールポイントを見つける

まず一つ大切なことは、今までの自分の経歴の中からアピールするポイントを見つけることです。つまり、前職の中からアピールポイントを見つけていくということです。そうして前職の経験からアピールしていけば、どんな仕事の中にでも、自分の為の役立つことを見つけることが出来る人物であるとアピールできます。

直接的なアピールに加えて、そうしてまた別の角度からもアピールできるようになるのですから、印象は良くなるに決まっていますね。そういうアピールがないと、自分の好きなこと以外は無気力でやる人間で、応募してきたこの仕事もイメージと違ったら辞めてしまうのではないかと思われてしまいます。それでは魅力的には感じられませんね。

相手が望む能力をアピールする

前職から何かアピールポイントを見つけるといっても、それが検討違いのことであれば、まったく意味がありませんよね。別段望んでもいない能力があるといわれても、その能力を魅力的に思うはずもありませんし、その能力がある人間を魅力的に思うこともないでしょう。ですから、自己prでは、必ず相手が望む能力をアピールしないとならないのです。

相手が望む能力は、転職活動を始める前に調べておく必要がありますね。とにかく色々な情報を集めて、相手の会社がどんな人材を探しているのか、あるいは、その仕事ではどんな能力がある人物が求められているのかを調べましょう。

アピールポイントの活かし方を説明する

自己prでアピールするポイントは、そのポイントの活かし方を説明することも大切です。こんなポイントがあるとだけ言われるよりも、「こんなポイントがあって、それはこの仕事のこんなところで活かせる」と言われる方が、相手はその能力をより魅力的に感じるものです。

さらに、そういうアピールをすることで、きちんとこの仕事に対する下調べをしていることが伝わり、さりげなく熱意の高さもアピールできます。こうしてアピールポイントの活かし方を説明することは、色々な面で見ても効果的なことなのです。この仕事ではどんな能力が必要なのか、というところから逆算してアピールポイントを考えていくのもアリでしょう。

いい大人がマナーでNGになるって本当?面接官の5つのチェックポイント

多くのアピールが出来るprが強い

以上、印象を良くするために転職の自己prのポイントのご紹介でした。まとめると、

・前職の中からアピールできることを探す
・その仕事に活かせる能力やその会社が求める人材像であることをアピールする
・そのアピールポイントをどう活かすかを述べる

ということが大切です。これらは3つとも、全て色々な面で自分をアピールすることに繋がります。的確にツボをついたアピールをしつつも、そうしていろいろな面でアピールできる自己prが、強いです。是非これらの事を参考に、強い自己prを作っていってください。

 

転職を成功させるための退職理由の答え方

転職活動では、おそらく前職の退職理由を聞かれます。志望動機や自己prのように、必ず聞かれると言い切れるものではありませんが、多くの場合で、前職の退職理由も聞かれます。そんな前職の退職理由では相手にネガティブなイメージを与えがちです。

でもここでネガティブなイメージを与えていたのでは、やはり面接での印象も良くなくなるでしょう。そこでここでは、相手の印象を悪くしない、転職を成功させるための退職理由の答え方を紹介していきます。

少しでもポジティブな言い方をする

退職理由なんてネガティブなものに決まっていますよね。でも、話し方次第で少しポジティブに聞こえるようになるのものなのです。

例えば、やりたい仕事ができなかったという退職理由であれば、「やりたい仕事ができなかった」と言われるとネガティブに聞こえますが、「自分のやりたいことにチャレンジしたい気持ちが強まった」というと、すごくポジティブに聞こえますよね。

このようにだいたいのことは、言い方ひとつでポジティブになります。他に例を挙げるなら、

・労働時間が長いなら「スキルアップに費やす時間を確保したいと思った」
・正当に評価されないなら「経験を活かせるところへいき業績を上げたいと思った」
・人間関係がうまくいかないなら「新しい人達との仕事で刺激をうけスキルアップしたいと思った」

などが挙げられます。工夫してデキる限りポジティブに伝えましょう。

満足している点を伝えるようにする

退職理由を伝える際には、あわせて前職の満足している点を伝えるようにすると、よりポジティブに聞こえるようになります。どんな仕事であっても、どこかに一つくらいは満足できる点があるはずです。

それを伝えるだけで、本当にポジティブなイメージでの退職に聞こえるようになるのです。ですから、前職の中で満足できる点を探して、それを退職理由を述べる際に合わせて述べるようにしていってください。

ただ、転職理由や退職理由と照らし合わせて、矛盾がないようにだけ注意していきましょう。

強い語気で話さないようにする

強い語気で退職理由を話すと、すごくネガティブな話に聞こえてしまいます。内容がポジティブな話であったとしても、結果相手の耳にはすごくネガティブな話のように聞こえてしまうのです。それでは意味がないですよね。

ですから、退職理由を話す際には、なるべくおっとりした落ち着いたトーンで話す必要があります。明るく落ち着いたトーンで話をすると、話の内容のポジティブさがさらに引き立ち、退職理由がさらにポジティブにきこえるようになり、印象が良くなるでしょう。

可能であれば、笑顔も付けて話をするというのが理想です。そこまで出来れば、まず退職理由でネガティブなイメージをもたれることはないでしょう。

退職理由の例文集|エンジャパン転職大辞典

逃げの退職でないとアピールしよう

とにかく大切なことは、逃げの転職、逃げの退職でないとアピールすることです。そういう退職であれば、また退職されると思われて印象が悪くなります。ポジティブな退職であれば、逃げの退職に比べて、再度退職されるのでは…と相手が不安になる可能性は低いです。

そうして印象が良くなります。ですから、退職理由は、これらの3つの答え方のポイントを駆使し、ポジティブに聞かせていきましょう。